Sponsored Link

額と頭のてっぺんが薄毛の原因になる物質

近年の研究の結果、「テストステロン」から脱毛を促すシグナルを発信する「ジヒドロテストステロン」が作られ、脱毛に大きな影響を与えていることが判明しているそうです。

「テストステロン」には、体毛やヒゲなどの毛を生やす作用があるのですが、前頭部と頭頂部にある毛乳頭の酵素と結びつくと抜け毛の原因となる「ジヒドロテストステロン」が作られるそうです。このため、前頭部と頭頂部が薄毛になりやすいのだそうです。

ところが、後頭部や側頭部には「ジヒドロテストステロン」と反応する受容体がほとんどそんざいしないために薄毛になり難いのだそうです。
前頭部から頭頂部にかけて薄毛になっている人でも、後頭部や側頭部に毛が多く残っているのはこれが理由といわれています。
posted by 自毛,植毛,福岡, | 薄毛になる理由
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。