Sponsored Link

額と頭のてっぺんが薄毛の原因になる物質

近年の研究の結果、「テストステロン」から脱毛を促すシグナルを発信する「ジヒドロテストステロン」が作られ、脱毛に大きな影響を与えていることが判明しているそうです。

「テストステロン」には、体毛やヒゲなどの毛を生やす作用があるのですが、前頭部と頭頂部にある毛乳頭の酵素と結びつくと抜け毛の原因となる「ジヒドロテストステロン」が作られるそうです。このため、前頭部と頭頂部が薄毛になりやすいのだそうです。

ところが、後頭部や側頭部には「ジヒドロテストステロン」と反応する受容体がほとんどそんざいしないために薄毛になり難いのだそうです。
前頭部から頭頂部にかけて薄毛になっている人でも、後頭部や側頭部に毛が多く残っているのはこれが理由といわれています。
posted by 自毛,植毛,福岡, | 薄毛になる理由

前頭部と頭頂部が薄毛になり易い理由とは

人が薄毛、ハゲになってしまうのは何故でしょう。ハゲ、薄毛は正式には「男性型脱毛症」と呼ばれ、日本人の成人男性のおよそ30パーセントが発症しているとされています。一般的な症状としては、額の生え際もしくは、頭頂部にある毛髪のどちらか、もしくはその両方の髪が薄くなってくるという状態。時間の経過と共に悪化していく、「進行性」がある事も特徴です。しかし、発症メカニズムとなると、完全に解明されているわけではありません。

毛髪再生医科学研究所の音田所長によると、男性型脱毛症を発症させる条件には、遺伝的要素と加齢、男性ホルモンのテストステロンの三つが影響しているそうです。しかし、どの条件もきっかけにしか過ぎないそうで、これらが薄げになる原因と特定できるものではないそうです。こららの三つの条件が揃っていたとしても、必ずしも薄毛になっているという人がいるわけではないからだそうです。
posted by 自毛,植毛,福岡, | 薄毛になる理由
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。